キャッシュレス生体認証ベッティング機

【画像、内容は富士通フロンテック公式HP】 今回は、ラスベガスにはまだ関係のないトピックを取り上げてみた。「まだ」と言ったが、多分、永久にラスベガスのカジノには入らない気がする。今回ご紹介したいのは、日本が誇るテクノロジーの大御所、富士通が画期的な機器を発表した。それは、キャッシュレス生体認証ベッティング機器である。現金を使わず手のひらをかざすことで馬券(勝馬投票券)を購入できるキャッシュレス発売機を共同で開発。日本中央競馬会(以下 JRA)にて、9月22日より東京競馬場において運用を開始する予定。利用者は、あらかじめ手のひら静脈の情報を登録し、入金可能な会員ICカード「JRA-UMACA(ウマカ)」とつながっている。これにより、キャッシュレス発売機に「JRA-UMACA」をタッチし、手のひらをかざすことで本人確認が行えるため、現金不要の馬券購入や、高いセキュリティを伴った払戻が可能となる。JRAでは、まず東京競馬場での運用を開始し、福島・中京・阪神および全国の競馬場やウインズへと順次サービスを拡大する予定。

このキャッシュレス生体認証ベッティング機が誕生した背景として、従来、競馬場やウインズでの馬券購入の際、馬券の紛失、払戻しにより硬貨が増えるなどの課題があった。そのため、JRAは、入金が可能な会員専用の非接触型ICカード「JRA-UMACA」に情報を持たせることで馬券を発券せずに購入ができるキャッシュレス発売機の導入を決定。無記名で加入できる「JRA-UMACA」の本人確認には、高い認証精度が求められ、偽造が困難な「手のひら静脈認証」を搭載したキャッシュレス発売機が採用された。



キャッシュレス発売機の特長

  • 現金不要で簡単に馬券購入や払戻が可能 会員専用ICカード「JRA-UMACA」と、既存の記入式マークカードなどをキャッシュレス発売機で読み込ませ、手のひら静脈で本人認証後、馬券購入を行う。購入情報は「JRA-UMACA」に記録されるため、馬券の発券が不要となり、予想が的中した際の払戻金は「JRA-UMACA」に自動で入金される。

  • 手のひら静脈認証による高い本人認証率でより安全な運用を実現 富士通グループの「手のひら静脈認証」を搭載し、「手のひら静脈による認証」は、体内情報を使用するため、本人以外がアクセス悪用が困難となり、高い認証精度と非接触による衛生的な本人認証を実現した。また、「JRA-UMACA」カードを紛失して再発行する際にも、「手のひら静脈認証」によって本人確認を行うため、カードを拾った人など第三者の不正利用を防ぐことが可能となった。

  • 海外競馬およびWIN5も購入可能 ネット投票でしか購入できなかった海外競馬、および、WIN5を、このキャッシュレス発売機で購入することが可能となった。払戻金は、「JRA-UMACA」に即時に自動入金さる仕組みである。


関連情報