キャッシュレス生体認証ベッティング機

【画像、内容は富士通フロンテック公式HP】 今回は、ラスベガスにはまだ関係のないトピックを取り上げてみた。「まだ」と言ったが、多分、永久にラスベガスのカジノには入らない気がする。今回ご紹介したいのは、日本が誇るテクノロジーの大御所、富士通が画期的な機器を発表した。それは、キャッシュレス生体認証ベッティング機器である。現金を使わず手のひらをかざすことで馬券(勝馬投票券)を購入できるキャッシュレス発売機を共同で開発。日本中央競馬会(以下 JRA)にて、9月22日より東京競馬場において運用を開始する予定。利用者は、あらかじめ手のひら静脈の情報を登録し、入金可能な会員ICカード「JRA-UMACA(ウマカ)」とつながっている。これにより、キャッシュレス発売機に「JRA-UMACA」をタッチし、手のひらをかざすことで本人確認が行えるため、現金不要の馬券購入や、高いセキュリティを伴った払戻が可能となる。JRAでは、まず東京競馬場での運用を開始し、福島・中京・阪神および全国の競馬場やウインズへと順次サービスを拡大する予定。

このキャッシュレス生体認証ベッティング機が誕生した背景として、従来、競馬場やウインズでの馬券購入の際、馬券の紛失、払戻しにより硬貨が増えるなどの課題があった。そのため、JRAは、入金が可能な会員専用の非接触型ICカード「JRA-UMACA」に情報を持たせることで馬券を発券せずに購入ができるキャッシュレス発売機の導入を決定。無記名で加入できる「JRA-UMACA」の本人確認には、高い認証精度が求められ、偽造が困難な「手のひら静脈認証」を搭載したキャッシュレス発売機が採用された。



キャッシュレス発売機の特長

  • 現金不要で簡単に馬券購入や払戻が可能 会員専用ICカード「JRA-UMACA」と、既存の記入式マークカードなどをキャッシュレス発売機で読み込ませ、手のひら静脈で本人認証後、馬券購入を行う。購入情報は「JRA-UMACA」に記録されるため、馬券の発券が不要となり、予想が的中した際の払戻金は「JRA-UMACA」に自動で入金される。

  • 手のひら静脈認証による高い本人認証率でより安全な運用を実現 富士通グループの「手のひら静脈認証」を搭載し、「手のひら静脈による認証」は、体内情報を使用するため、本人以外がアクセス悪用が困難となり、高い認証精度と非接触による衛生的な本人認証を実現した。また、「JRA-UMACA」カードを紛失して再発行する際にも、「手のひら静脈認証」によって本人確認を行うため、カードを拾った人など第三者の不正利用を防ぐことが可能となった。

  • 海外競馬およびWIN5も購入可能 ネット投票でしか購入できなかった海外競馬、および、WIN5を、このキャッシュレス発売機で購入することが可能となった。払戻金は、「JRA-UMACA」に即時に自動入金さる仕組みである。


関連情報

ラスベガスで使用する可能性

冒頭でも言ったように、ラスベガスのカジノ、いや、アメリカのカジノでは、このような新テクノロジーを利用した金銭のやり取りのシステムを導入するのには非常に億劫である。ネバダ州のゲーミング規制当局は、なかなか封建的な姿勢をとり、新しいものを受け入れるのがとても困難である。今現在使用されているスロットマシンに投入する金銭価値が充填されたバーコードの付いたチケットをテストされたのが、今は亡きデザート・インで1993年に行われた。その後、2000年にやっとサンコースト・カジノがオープンの際に、スロット全台数の96%がこのチケット方式を導入し、他のカジノも漸くこのサンコーストに続いてチケット方式を導入するようになり、今現在のように、何処へいってもチケット方式を使用している。このチケット方式の代替えで、クレジットカード、プリペイド・カードを利用する方法が紹介されてきたが、まだ実現されていない。アフリカや中南米など、セキュリティー面で物騒な場所などでは、完全キャッシュレスが好まれ、こちらの方が、日本の新テクノロジーを導入する可能性が高いような気がする。5年程前であるが、日本IR実現を目標に、日本の会社がスマホなどでスロットマシンの入出金できる機能をラスベガスにもってきた。子会社までラスベガスに設立した。だが、まだそのテクノロジーを実装したスロットは存在していないようだ。知人がプリペイド・カードを使用してスロットマシンで遊べるシステムをメキシコで展開している。そのプリペイド・カードにはVISAのロゴが入っており、カジノ外では買い物もできる。アメリカにおいては、新テクノロジーを導入して「便利にする」や「節約する」などは二の次であり、大会社の利権、またそれがカジノ側の利権にも繋がるようである。チケット方式の特許はMGMグランドが所有していたが、スロットマシン製造会社最大手のIGT(International Game Technology、親会社はイタリアのGTech)へそれを売却した。そのチケット方式を搭載した他社のスロットマシンは、一台に付き、約$1,000をIGTへ支払うことになっていた。2016年以降、スロット製造の大手各社が、それぞれ所有している特許を共有するクロス・ライセンス協定を結ぶ動きがあるため、推定ではあるが、過去形でくくってある。この特許の争いは、アップル社とサムソン社のそれと同じで、絶え間ない法廷での戦いが長い間続いてきた。スロットマシンを遊んだ方はご存知かと思うが、画面上のタテ3コマxヨコ4コマのような絵柄が複数揃えばいくらかの勝ちとなる。そのタテとヨコに何コマあるとか、どのラインで並ぶと勝ちであるとか、など全くふざけた事項が特許申請され許可されている。米国特許局にも非があるが、あまりにも簡単に特許を認定し過ぎ!である。それが漸くお金と時間の無駄だと言う理屈の分かった幹部陣が揃ってきたと言う訳だ。

キャッシュレスはカジノなどのギャンブルにおいて射幸心を煽るか?この質問がいつも登場する。確かに、銀行口座と繋がったデビットカードが直接スロットマシンに投入でき、入出金が可能となると、口座内の残高がなくなるまで遊んでしまうギャンブラーもいるであろう。クレジットカードがスロットマシンに入るようになれば、買い物扱いとなるのか、キャッシング扱いになるか?の審議もあるが、どちらにせよ好ましくはないであろう。今現在は、クレジットカード会社がカジノやギャンブル、大麻の購入、などには絶対にクレジットカードを使用させない姿勢である。クレジットカードがギャンブルに利用できれば、クレジットカードは大儲けとなるであろうが、モラル的に宜しくないという感じだろうか。UMACAもプリペイド・カードのような役割をしていて、無駄な紙も使わなくても済むという点では、かなり進んでいる。予想が外れて、買った馬券を宙に放り投げるとか、競馬場に負け馬券がゴミのように散らばっている光景はもう見られなくなる訳だ。日本でカジノが出来た時に、この新テクノロジーを導入できれば、紙の節約にもなるし、顧客情報も正確なデータとして残せるので大いに歓迎されると思う。ただ、このUMACA同等の仕組みにマイナンバーが必須となれば、また話は別だが。


UMACAの取り扱い注意で気が付いた


  • JRA-UMACAは20歳以上の方のみご登録が可能です。→未成年の排除。

  • JRA-UMACAに一度入金したお金は「投票専用残高」として管理され、出金することができません(払戻金・返還金は「精算可能残高」として管理され、開催日においてJRA-UMACA専用の入出金機から出金できます)。→マネーランドリング防止。(入金上限があるだろうから、心配ないか?)


まとめ

チケット方式で使うチケット用紙を売る会社、バリデートする機械の製造会社、チケットを感光紙に印刷するプリンターの製造会社はほぼ数社で独占状態である。 アメリカのカジノ業界はとても封建的であるお話でした。


ここでご紹介している内容は作品の副次的な視点提供を目的として引用しています。 著作権は作者及び出版社に帰属しています。






#ラスベガス #麻雀 #麻雀豆腐 #ベガス情報



【リンク】麻雀の役やルールを完全網羅!麻雀専門サイト麻雀豆腐


0 views
Contact

8275 S.Eastern Ave.

Suite 200-859

Las Vegas, Nevada 89123

​​

(702) 817-9364​ (Call & text)

 

​​​sales@igsofamerica.com

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Google+ Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black LinkedIn Icon

© 2020 by International Gaming Support of America, LLC