岡田和生氏、香港で詐欺罪にて逮捕される。


【写真はAGB日本版より】パチンコ機器大手ユニバーサル・エンターテインメント(Universal Entertainment Corporation)は6日、同社元会長で「日本のカジノ王」とも呼ばれる岡田和生(Kazuo Okada)氏が、「賄賂に関する」複数の容疑で香港の汚職取締機関に逮捕されたと発表した。【AFP=時事

全く持って、岡田和生氏はカラフルな人格である。

  • 岡田氏はユニバーサル・エンターテイメントの前会長であるが、2017年6月29日にその座から辞任している。

  • 今年初期、ユニバーサル・エンターテイメントは、岡田氏に対し、特許権が侵害され、損害賠償を求め、民事・刑事訴訟を起こしている。

  • 1000万米ドル(約11億1300万円)の詐欺についてアメリカ法務省による調査も受けている。

  • ウィン・リゾーツとの法廷闘争を終えた。

  • 香港の裁判所で、1人の日本人億万長者が娘の協力を得て、息子との法廷闘争を繰り広げている。

  • ユニバーサルエンターテインメントの親会社にして、彼が筆頭株主である「岡田ホールディングス合同会社(岡田HD)」の登記上の本社は香港にある。→香港で争議となっている。

  • 岡田ホールディングスは家族会社であるが、東京にあるグループの株式の多数を保有している。

20年程前、ラスベガスにウィン・ラスベガスを建設する際、50/50のビジネスパートナーとして、「ラスベガスのカジノ王」と呼ばれるスティーブ・ウイン氏と組んだ。ウィンがマカオにもカジノ運営ライセンスを取得し、マカオでのカジノ事業で大成功し、順風満帆であった。しかし、7年程前、岡田氏のカジノのプロジェクトでフィリピン進出に賛成しなかったウィン氏は岡田氏を訴えることになる。岡田氏は強制的に2割以上のディスカウントで持ち株を売らされることになった。ご想像通り、それで黙っている岡田氏ではなかった。同じころ、スティーブ・ウィン氏が奥さんのエレイン・ウィン氏との離婚問題で揉めていた。エレイン元夫人もスティーブ・ウィン氏を株主としての不正行為などで訴えていた。三絡みとなったこの泥沼の戦いは外部からは全くの茶番劇でしかなかったが、スティーブ・ウィン氏が雇った探偵(元CIAの偉い人)からの報告書で、岡田氏がフィリピンの賭博監視委員会幹部へ上納金(袖の下)15万ドル相当の譲渡の形跡がある件について、岡田氏が一言「たったの15万ドルじゃん!」と言ってのけたらしい。この後、誰もが黙ってしまったと推測されるが、岡田氏にとって果たしてこれは名言だったか失言だったのか?事実のみ挙げておくが、最近になってフィリピンの賭博監視委員会の「幹部」だった者が、ウィンとその調査団を逆に訴えて勝訴した。 ユニバーサル・エンターテイメントは30年以上前からラスベガスに進出していた。ただ、岡田氏が脱税で逮捕された数年後だった為、ネバダ州でカジノ機器製造ライセンスの取得の際に余計に時間がかかり、ライセンス取得にかかった費用が5億円とも10億円とも言われている。この州のライセンスだが、多種ある。カジノ運営ライセンス。これは安田銀二さん(アラディン)やホテル・サンルート・グループ(ホテル・サンレモとその後継のフーターズ・カジノの一部)が持っていた種類で、無制限カジノ機器やテーブルに250室以上のホテルがあることが最低条件。コンビニやスーパー、飲み屋さんにも最多15台までのスロットやビデオ・ポーカーの機械設置が許可されるが、制限がある分、前述のカジノ運営ライセンスよりは軽減されているバージョンである。カジノ機器製造ライセンスは、公認カジノへのスロットマシンやゲーミング機器製造許可であり、アルゼやコナミが持っている種類で、最近ではセガ・サミーも取得したと聞いた。このライセンス取得であるが、並大抵ではもらえない。特に会社の代表に「前科」がある場合は特にそうである。日本からの企業の場合は、ネバダ州賭博監視委員会の調査員が「xxx会社調査団」が結成され、日本でもアフリカでもどこまででも行く。彼らの各航空会社マイレージは凄まじい程たまっていると冗談を聞いたことが何度もある。海外出張へは、ビジネス以上のクラスでないと調べに来てくれない、と言う噂もある。それも、決して一人では来ない。アメリカ国内の会社が申請する場合、特に最近の傾向として、株式市場に上場している会社からの申請が殆どになってきた為、最難関SEC(U.S. Securities and Exchange Commission,米国証券取引委員会)を通った会社であれば結構審査も簡単になってきてはいる。少々風変りなスロット製造会社がある。EVERI社と言うが、元々ATMやその周辺機器の製造をしていた。あるスロットメーカーを買収しそのままスロットメーカーのライセンスを取得し、少数ではあるが、ベガスのカジノにもスロットが設置されている。まあ、モノへ対する見方の角度を変えると、ATMの機械もスロットの機械もお金の出し入れの機能が装備されている点で同じだ。ATMのモニターを大きくして、スロットも遊べるようにしたものが、スロット・マシンと考えれば、成程である。EVERI社は既に上場企業だった為、ライセンス取得も非常にスムーズであった