日本のカジノ、ギャンブル依存症は


世界で一番忙しいカジノは韓国にある。 世界で一番大きなカジノフロアーを持つのがマカオのベネチアンで546,000SqFt.(約50,725㎡)で計4,200のスロットマシンとテーブルがある。アメリカはオクラホマ州にあるWindstarもスロットの数で言えば7,000台なので、世界一である。私が行ったことがある世界のカジノで最も忙しいカジノは、ゲーム機器に対するプレイヤーの数の比率で行くと、韓国の江原ランド(カンオンランド)だ。ここもソウルから200キロの距離だが、山の上にあるため、高速道路を車で飛ばしても通常は4時間以上かかる。

【写真はAGB Nippon公式HP


【写真はhigh1 resort公式HP


我々が訪問した時は、土曜の夜10時過ぎにソウルを出たが、クレイジーなタクシー運転手で高速道路の逆行までしたので、3時間程で到着した。午前1時。スロットマシンは座れる台が一つもない。テーブルゲームは座っている人の後ろに待ってる人がいる。マカオのように座っている人の肩越しにチップ賭けてくるような事はしていなかった。「この世界は異常だ!ここは間違えなく世界で一番忙しいカジノだ!」と同行したアメリカ人のカジノ・コンサルタントの友人が驚嘆していたのを覚えている。正直なところ、この江原ランドのカジノについて語る時は、ポジティブな話ができない。閉鎖された炭鉱の町を復活させるべくカジノを誘致した。スキー場もあり、リゾート地として再開発された。しかし、韓国内で国民が唯一入場できるカジノであり、ソウルから4時間も離れている立地条件にも関わらず、盛況過ぎる程のお客が入っている。他店との競争が無いので、日本のパチンコ屋さんで言う所の、「あっちの角のパチンコ屋の方が良く出るよ」ってのが存在しない。負け続けてもここしかない。監督機関がスロットの還元率に幅を持たせていれば、一番低い数字設定にするに違いないだろう。因みに、ラスベガスでスロット還元率が一番低いのはマッキャラン空港内のスロットと言われている。「最後の最後に空港で一儲けだ」と思った方、負け(の確率が非常に高いので)ますので止めた方が良いです。まあ、実際は暇つぶし、又は喫煙室にスロットが設置してあるので、飛行機を待っている間に少々遊ぼうと思う人の憩いの場であり、勝ってやろうと意気込む方はいないようですが。

江原ランドの悪い例の一番はやはりギャンブル依存症である。韓国人からは入場料(外国人は無料、韓国人700円相当)も取り、入場回数にも制限(月に15回まで)があるにも関わらず依存症について話題が出ると必ずと言ってよい程、江原ランドが取り上げられる。「江原ランド」でグーグルしても、先ず出てくる画像は質屋が立ち並ぶ写真。だが、カジノと質屋との相互関係はここ江原ランドだけではない。マカオへ行っても何百件と言ってよい程の質屋が立ち並ぶ。ラスベガスでも昔から質屋が多い。ただ、ラスベガス大通りなど観光客が多い場所は家賃が高いので、質屋はストラトスフィア・タワーからダウン・タウンの間の寂れた場所に点在する。英語で質屋をPawn Shopと呼ぶが「Pawn Stars」のタイトルでケーブルテレビのリアリティ・シリーズが2009年から続いた。Pawn Shopへ訪問するのもラスベガスならではの楽しみである。古めかしい平屋建てのビルが立ち並ぶ辺鄙な場所に、このテレビ番組の舞台であるGold and Silver Pawn Shopはあるが、毎日、建物の外まで観光客で行列ができている。残念ながら、キャストの一人である先代がお亡くなりになったので、先月で番組が終了となったが、再放送はまだまだやっている。